スポンサーサイト

  • 2007.04.20 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


hyde→HYDE→???

評価:
HYDE
KRE
¥ 5,300
(2006-11-08)
hydeがHYDEでもなく、ボーカルモンスターハイディに変身したライブです。
序盤からあり得ないディストーションヴォイスでシャウトを繰り返すから、もうhydeの声は帰ってこないのかと、ラニバ行くまでかなり絶望してました。

このツアーがあったから今のhydeが存在するんだろうと、最近改めて実感する。

SEVENTH HEAVEN

評価:
ラルク・アン・シエル
KRE
¥ 1,020
(2007-05-30)
まだカラオケには行けてない…(T_T)
Mステでのhydeの声の調子もよかったし、CDが楽しみ。

ザ・ワイルドハーツ2007

評価:
ザ・ワイルドハーツ
ユニバーサルインターナショナル
¥ 2,500
(2007-04-18)
2月のライブを見て、その勢いで購入。

しかし昔ほど楽曲に魅力を感じない。
もう少し聴く必要があるのかも。
もうジンジャーは枯れたのかな。それとも仕事しすぎなのかも。
もう少しワイハに集中して欲しい。

SEVENTH HEAVEN!

着うたAメロからCメロまでダウンロード。
ん〜ダンサブル!?
早くフルで聴きたい!
とりあえずはカラオケか。

SPOILS

評価:
上杉昇
バウンディ
¥ 3,150
(2006-12-06)
ジャケ買いはまずしないアルバム。(笑)

自分の中で、唯一無二の存在に返り咲いたボーカリストのカバーアルバムです。
続きを読む >>

True

評価:
L’Arc~en~Ciel,hyde,富樫春生,岡野ハジメ,秦野猛行,小西貴雄,sakura
KRE
¥ 2,711
(1996-12-12)
もう10年以上前ですか。
洋楽に聴き過ぎて日本語の曲聴きたいな〜と思って探してたら見つけたバンド。
自分はCDTVで「風に消えないで」が初登場4位→翌週10位以上ランクダウンした事が自分の脳に確実にインプットされた最初。
「flower」のイントロを毎日プロ野球ニュースで聞き、「Lies」を聴いて買うのを迷い、るろうに剣心で「Fourth」を聴いて、やっとアルバムを買った。(長っ!)

所感は、捨て曲なし、hydeの曲毎に変わる声に感動。名盤!
このアルバム聴いて、自分の音楽観が変わった。
続きを読む >>

Saosin

評価:
セイオシン
東芝EMI
¥ 2,200
(2007-01-10)
こちらも2007年5月来日決定!
最近お気に入りのバンド。
セイオシン?サオシンどっちが正しい発音なんだろ。自分はサオシン派。
バンド名の由来は
ここにある通り、中国の15世紀の諺にある「小心」からきたらしい。
ボーカルの声質はそこまで好きではないが、全体のサウンドとドラムはかなりツボ。
お薦めトラックは、1,2,4,9,10。

ア・ビューティフル・ライ ニュー・エディション

評価:
サーティー・セカンズ・トゥ・マーズ
東芝EMI
¥ 2,200
(2007-02-21)
ついに2007年5月来日決定!
俳優ジャレット・レイがボーカルのバンド、30 Seconds to Mars。
俳優がボーカルなんて…と思って聞くと、このサウンド・シャウトには仰け反りますよ。(笑)
これは2nd。再発盤なんでちょっと安くお得です。お薦めトラックは1,2,3,5,7。
あえて苦言を呈するなら、1stからの進歩があまり感じられない事(1stが良すぎたのかも)。今自分が最も期待している洋楽バンドなので、評価は3rdに期待を込めて★4つ。

ザ・ベスト・オブ・ワイルドハーツ

評価:
ワイルドハーツ
イーストウエスト・ジャパン
¥ 3,195
(1997-02-25)
高校の頃、一番ハマったバンドのベスト盤。
Beatles meets Metalicaと称された音楽はヘヴィかつポップでキャッチー。
レコード会社ともめなければ、アメリカでも売れたと今でも思う。
Disc1は基本年代順で代表曲を収録。全曲お薦めですが、強いて上げればシングル曲の2,5,9,11,14,15でしょうか。
Disc2はシングル曲のカップリング等で構成されてます。
実はこっちの方が名曲揃いです。1,2,3,5,6,9,11,15がお薦め。

個人的な名曲は1-9,1-11,2-6。

シカゴ

評価:
レニー・ゼルウィガー,ロブ・マーシャル,キャサリン・ゼタ=ジョーンズ,リチャード・ギア,ビル・コンドン
ハピネット
¥ 1,547
(2007-02-09)
前からずっと見たかった映画で、なのに機会がなく何年も放置してたDVD。
ミュージカル映画だから敬遠してたのもあるな〜。
でも見てびっくり。
ある意味感動!
凄く良くできた映画でした。こんなに引き込まれたのは久しぶり。音楽も素晴らしく思わずサントラまでレンタルしてしまった。
何年も放置してた俺が馬鹿でした。
ちょうどミュージカル公演をしてた時期に見たので、なんとかチケット取って人生初ミュージカルも堪能してきました。
見比べるとロキシーの空想部分と現実部分のつなぎと最後のフィナーレは映画はずるいなと感じてしまったかな。
弁護士ビリー役は映画ではリチャードギアでなんか胡散臭い雰囲気を醸し出していい感じだったけど、ミュージカルでは元BSBのケヴィンがやっていて誠実そうな人柄が出てて、役者による違いも楽しめました。
ミュージカルは本場に行ってまた見てみたい。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM